コンペのティーショットを克服しましょう

会社などの組織で行われるゴルフコンペ。

 

ゴルフを始めた初心者がぶつかる大きな壁です。

 

特に、最初のコースデビューがコンペになったら、緊張ものです。

 

周りの人は、〇〇さんは今日がコース初デビューらしいよという事は、少なからず知っているので、ミスショットをするのは当たり前。クラブがボールに当たり、ボールが前に飛んだらOKくらいに思っていますが(みんな過去に歩いてきた道なので)、初ラウンドの人はそんなことはわかりません。

 

コンペの時は、大勢の人がティグランドの周りで見ていますので、見られている人からすればものすごい緊張感があります。

 

「大勢の前で恥をかきたくない」、「ボールにちゃんと当たるかな???」、「空振りは避けたい」、と言った不安や心配で心に余裕はありません。

 

そのような事から、ただでさえうまくショットが出来ない初心者には、コンペの場においてあさイチのティショットは大きな壁となって立ちはだかりますね。

 

 

良いショットを打ちたいとか、上手いところを見せてやりたいとかと言ったレベルではありません。
とにかく周囲に迷惑をかけたくないという気持ちでいっぱいの初心者。

 

そんな初心者の人に、コンペのティーショットを克服する方法をいくつかの方法をお教えします。

 

1.ティショットでドライバーを持たないといけないという事はありません。

スタートホールでは、必ずしもドライバーを持つという決まりやルールはありません。これまでに練習してきたクラブの中で、一番自信のあるクラブでティショットをしましょう。(パター以外でね)

 

2.空振りを恐れない事。自分のテンポで、普段からのルーティーンを練習場で確立しておきましょう。

ティーを刺して、その上にボールを載せて、ゴルフクラブでボールを打つまでのルーティーンを身につけましょう。

 

3.初コンペのティーショットで緊張するのはあなただけではありません。落ち着いてプレーをしましょう。

周りで見ているあなたを知っている人も同じ道を歩んできています。あなたが気にしているほど周りの人は冷たくないですよ。あなたが一生懸命にプレーをしている姿を見れば、みんな応援してくれます。
ゴルフは、1組あたり4名(もしくは3名もしくは2名)の人たちが同じ車に乗って、原則として追い越しが出来ない一方通行の道路を前に進むような世界です。つまり、あなたのプレーが遅くなるのは、同じ組全体の責任です。だから、あなたがトラブルで困っていたらすぐに助け船を出すはずです。

 

助け舟を出してくれず、怒鳴るばかりの人は覚えておきましょう。この先、そのような人とは一緒にプレーするのを拒否しましょう。

 

4.最後は自信を持つことが一番。

コンペのティーショットの恐怖からあなたを救うのは、自信しかありません。自信は何処からくるかというと、経験ですね。練習場でたくさん練習しましょう。どれくらい練習したらよいかって?
そうですね、筆者がコースデビューする前には、先輩からトラック1杯分のボールを打ってからと言われていましたが、随分と昔の事です。

 

今はそのような事を言う人はいなくなりましたが、昔の先輩は、トラック1杯分のボールと言うことは言葉をそのまま受け取るのではなく、その意味としては、トラック1杯分ものゴルフボールを打てば、自分のスウィングが作られミスショットの不安が少しでもなくなるという事だと私は考えています。

 

ゴルフのスウィングは、同じリズムや同じテンポと言ったスウィングのバランスやクラブを振るタイミングがとても重要です。このリズムやタイミングを覚えるには、反復練習の繰り返しが一番有効です。

 

反復練習と言えば、ゴルフ練習場に行ってボールを打つことを考えますが、けっこうなお金がかかります。
そこでおススメなのが、クラブを使った素振りです。素振りだけだと、無料で出来ます。自宅でもできます。
しかし、気を付けないといけないことがあります。それは、周囲の安全。
スウィング中のクラブが実際に人間に当たると、当たる部位によっては、大きなケガにつながりますので安全確保は必須の条件です。