ゴルフマナーを知りましょう。ルールもね!

ゴルフは紳士のスポーツと言われています。

 

ゴルフがその他のスポーツと決定的に違うのは、審判がいないという事です。

 

では、審判は何処にいるのでしょうか。

 

答えは次のようになります。

 

ゴルフの審判は、自分自身が務めるのです。
だから、ルールを知りましょう。スコアは間違いないようにつけましょう。(周囲に人にホールアウト後に深刻しましょう)

 

ゴルフは、ごまかそうとすればいくらでもごまかせます。
OBになったボールを探しに行って残念ながらギリギリアウトなのに、ちょっと動かしギリギリセーフにすることが出来ます。
但し、誰も見ていなければという事になります。
しかし、自分自身が見ているので、心にずっとその事(ルールを逸脱したこと)が刻まれ、後で自分の心の傷として跳ね返ってくるでしょう。

 

また、故意ではないにしろ誤って過少申告することもあります。ゴルフの過少申告は1打であろうとも、サッカーでいえばイエローカードではなく、レッドカード、いわゆる失格となります。

 

また、知らなかったからという理由での過少申告は済まされません。
多分、同じ組で回っている人は間違っていることを指摘する人は少ないでしょう。
何故かって? 嫌われたくないからです。
でも、過少申告した人の事は忘れません。その結果どうなるかというと、ゴルフに行こうという声が掛けられなくなります。

 

 

ゴルフはルールと同時にマナーも大切です

ゴルフのマナーと言うといろいろとありますが、まずはスロープレーをしない事でしょう。
2019年からこれまでのゴルフのルールが大きく改定されました。

 

一例をご紹介しますね。
・グリーン上でパッティングを行う時に、グリーン上のピンに当たってもノーペナルティーになりました。つまり、パッティングの時にピンを抜かずにプレーしてもOKです。
・ロストボールを探す時間がこれまでは5分間でしたが、3分間に短縮されました。
・ボールをドロップする時は、従来は肩の高さからのドロップでしたが、ルール改定で膝の高さからのドロップに代わりました。これは、ドロップをしたときに斜面などでボールが転がってしまい、再ドロップを少なくするための処置です。

 

このほかにもいくつか改定されましたが、これは全部プレー時間を長くしないようにするため、いわゆるスロープレーを無くするためのルール改定なんです。

 

ゴルフ協会自体、スロープレーに対して問題だと認識していて、改善策を行っているんです。

 

プロではないので、毎回毎回フェアウェーでパーオンと言ったティーグランドとグリーンをほぼ直線で結んだような場所でプレーが出来ればよいのですが、ビギナーにはなかなか難しいものです。

 

OBとまではいかなくとも、右に行ったり左に行ったりとショットが安定しない人は、ゴルフクラブを3本くらいもってプレーすることがおススメです。
ゴルフクラブ3本は、少し長い距離を打てるクラブ(ウッドもしくは6番アイアンなど)を1本、ショートアイアン(8番、9番)を1本、アプローチアイアンを1本などがおススメです。

 

プレーが遅れがちな人は、周囲の安全を確認して自分の順番を待つことなくどんどんプレーをしていくのも良いことでしょう。